合同会社で会社設立!西友のケース

会社設立

・合同会社って何?
ここでは、合同会社の設立手続きに関する、詳しい情報を紹介したいと思います。
合同会社はあまり聞いたことが無い会社形態かもしれませんが、西友というスーパーマーケットチェーンがこの会社形態をとっています。
さて、そんな合同会社なのですが、一体どのような会社形態であり、株式会社と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここで、詳しく説明したいと思います。

・合同会社とは?
合同会社とは、出資者と経営者が同一である会社形態のことです。
よく見かける株式会社は、会社を経営する人間と出資者が別になるのですが、合同会社は出資した人が会社の経営者であり社員ということになります。
また、有限責任会社ということになり、出資したお金以上の負債を背負うことはありません。
ただし、大体の場合は経営者が会社の保証人になって、借入れをする形になりますので、現実的には有限責任と言うことにはならないかもしれません。

・合同会社の手続きは簡単で安い!?
合同会社は、会社設立をする手続きが簡単で、費用も安いというのが大きな特徴です。
だいたい、株式会社が25万円ぐらいかかる会社設立の費用に対して、合同会社の場合は10万円から15万円で登記することができます。
また、株式会社と違い、株主総会をやらなくてもいいので、会社決定の判断が非常にスムーズに行きやすいというメリットもあります。
意思決定が早くなるというのは、経営にとってポジティブなポイントでもありますので、そういったメリットも知っておくと良いでしょう。

・合同会社で会社設立するデメリット
この会社自体が、株式会社と比べてあまり世間に馴染めがありませんので、社会的な信用度が低いという難点があります。
また、株式会社で言う代表取締役に当たる経営者は、合同会社になると代表社員という呼び方になります。
そして、取引先によっては、合同会社を相手にしていないところもありますので、法人登記をする時には、会社形態をよく考えてから申請をする必要があります。
ちなみに株式会社は、株式を発行して資金を調達するのに対して、合同会社は社債を発行して資金調達をすることになります。

・意外に多い大手企業の合同会社
合同会社は、小規模な事業者が選ぶ会社形態のように思われるかもしれませんが、意外に大企業も、合同会社という会社形態をとっています。
今回、冒頭で紹介した西友というところも、スーパーマーケットチェーンの老舗であり大企業です。
ですから、合同会社だと会社を大きくできないというのは間違いですので、よく考えて登記手続きを進めていくようにしましょう。