合同会社で会社設立!西友のケース

会社設立

・合同会社って何?
ここでは、合同会社の設立手続きに関する、詳しい情報を紹介したいと思います。
合同会社はあまり聞いたことが無い会社形態かもしれませんが、西友というスーパーマーケットチェーンがこの会社形態をとっています。
さて、そんな合同会社なのですが、一体どのような会社形態であり、株式会社と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここで、詳しく説明したいと思います。

・合同会社とは?
合同会社とは、出資者と経営者が同一である会社形態のことです。
よく見かける株式会社は、会社を経営する人間と出資者が別になるのですが、合同会社は出資した人が会社の経営者であり社員ということになります。
また、有限責任会社ということになり、出資したお金以上の負債を背負うことはありません。
ただし、大体の場合は経営者が会社の保証人になって、借入れをする形になりますので、現実的には有限責任と言うことにはならないかもしれません。

・合同会社の手続きは簡単で安い!?
合同会社は、会社設立をする手続きが簡単で、費用も安いというのが大きな特徴です。
だいたい、株式会社が25万円ぐらいかかる会社設立の費用に対して、合同会社の場合は10万円から15万円で登記することができます。
また、株式会社と違い、株主総会をやらなくてもいいので、会社決定の判断が非常にスムーズに行きやすいというメリットもあります。
意思決定が早くなるというのは、経営にとってポジティブなポイントでもありますので、そういったメリットも知っておくと良いでしょう。

・合同会社で会社設立するデメリット
この会社自体が、株式会社と比べてあまり世間に馴染めがありませんので、社会的な信用度が低いという難点があります。
また、株式会社で言う代表取締役に当たる経営者は、合同会社になると代表社員という呼び方になります。
そして、取引先によっては、合同会社を相手にしていないところもありますので、法人登記をする時には、会社形態をよく考えてから申請をする必要があります。
ちなみに株式会社は、株式を発行して資金を調達するのに対して、合同会社は社債を発行して資金調達をすることになります。

・意外に多い大手企業の合同会社
合同会社は、小規模な事業者が選ぶ会社形態のように思われるかもしれませんが、意外に大企業も、合同会社という会社形態をとっています。
今回、冒頭で紹介した西友というところも、スーパーマーケットチェーンの老舗であり大企業です。
ですから、合同会社だと会社を大きくできないというのは間違いですので、よく考えて登記手続きを進めていくようにしましょう。

合同会社として運送業を経営するには

会社設立

事業内容によっては勝手に経営をスタートすることができないものがあって、許認可が必要な事業に関しては法令等で定められています。
もし無許可で事業を行うと罰則が科されるので、合同会社を設立して始めようとする事業が、許認可事業に該当するかは事前に確認する必要があるのです。
運送業もこの許認可事業に該当するもので、そのため福岡で合同会社を設立して運送業を経営するには、会社設立登記だけでは不十分で運送業の許認可も必要になります。
許認可の申請から実際に許可が出るまでには一定の期間が必要になるので、合同会社設立の事業計画や融資の計画をたてる時には、その期間を考えに入れることが大切です。
また許認可の申請の際には、許認可を申請する際に会社の資本金が何円以上なくてはならないという資本金要件というものがあります。
この資本金要件は業種により設定されているので、合同会社設立時はその点も考慮しなくてなりません。
それから運送業の許認可の審査基準として、運送業をする人員がいるのか、運送手段となる土地・建物・車両があるのか、運送する物はあるのか、安定経営するためのお金があるのかなどがポイントになるのです。

合同会社設立時には、本店所在地や事業の目的などを記載した会社の憲法のような存在の定款を作成する必要があります。
この定款の事業目的は許認可を受けるために重要なものになりますし、記載された事業の目的以外の事業は法人で行うことができないので慎重に決める必要があるのです。
運送業の事業目的として一般的なものとしては、一般貨物自動車運送事業・特定貨物自動車運送業・貨物軽自動車運送業・一般貸切旅客自動車運送事業・利用貨物自動車運送事業及び運送取次業務などがあります。
ちなみに合同会社設立時の事業の目的は、複数にすることも可能なので慎重に検討することが大事です。
また本店所在地も注意すべき事項で、運送業の本店所在地は都市計画法で定める市街化調整区域という場所に置くことができないので、市街化区域という場所を本店所在地にする必要があります。
福岡で合同会社を設立して運送業を経営するのなら、これらのことに注意する必要があるので、会社設立と運送業許認可申請を一緒に依頼できる税理士に相談すると良いです。
司法書士や行政書士など他の士業に依頼するといった方法もありますが、会社設立後の運送業経営のコンサルティングや資金調達支援を考えると税理士がおすすめと言えます。

福岡の税理士さんに相談にのってもらう

会社設立01

最近福岡では会社設立に関する知識を持った税理士が増えており、新規に会社設立を考えている人がよく相談にのってもらっているそうですが、その相談内容にはどんなことが多いのでしょうか?
ここでは今、会社設立を考えている人がどんなことに悩んでいるのか、そのあたりに詳しい税理士に話を聞いてきたので紹介していきたいと思います。

はじめに会社設立を考えている人からもっと多く出てくる悩みとして「手続きの流れを知りたい」というのがあり、これは個人事業主を経て会社設立する人も、そうでない人も共通して持っている悩みです。
個人事業主をはじめるのは開業届を出すだけで簡単なものですから、割とスムーズですが、会社設立となるといくつかの段階を経ていかなければなりませんので、それを理解するまでに苦労するようです。

会社設立までの流れはまず会社形態を決めるところからスタートしますが、現在の会社法では株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4つの中から選ぶようになっています。
一般的には株式会社を選択するケースがもっとも多く、次いで合同会社という順になっておりその特徴から合名会社や合資会社を選択するケースは極めて稀です。

株式会社は日本でもっとも多い会社形態ですから初めて会社設立するなら最初に検討をおすすめしますし、よっぽどの理由がなければ株式会社にしておいたほうが情報も多いので良いと思います。
次に会社名や会社の所在地、事業内容などを決めてそれらを定款にまとめます。

定款とは会社のルールブックとなる書類のことで、基本的にそこに記載されている内容に沿って進めていきます。
ただ定款は電子定款にするのが現在のスタンダードになっており、そのためには専用のソフトを導入しなければなりませんし、それを使いこなすだけの知識も必要なので専門家に依頼するのがいいでしょう。

その後は資本金の払い込みを行い、法務局で登記申請をしてそれが通れば法人として認められます。
以上が会社設立の簡単な流れになりますが、中には会社設立をする日にちにこだわる人もいて、縁起の良い日を探すケースもあります。

会社設立に縁起が良いのは大安などいわゆるおめでたい日で、それほど難しいことではありませんから、その日が会社の設立年日となるように手続きをすれば問題ありません。
ただし手続きの手順を間違えてしまうとやり直しになってしまう可能性がありますので、そうならないようにしっかり流れを把握しておいてください。

会社設立の必要書類の集め方

会社設立

会社設立の際には、必要となってくる書類も多々あります。
登記に必要なものはもちろん、申請に必要となるものもあります。
ここではあまり難しく説明しても余計にわかりにくくなるだけだと思うので、とりあえず会社設立には「書類が必要」ということを理解するために解説します。
また、必要書類の集め方なども合わせて解説します。
もちろん、どのような会社を設立するかによっても違ってくるので、そこは自分たちがどのような会社をやりたいのか考えて選択するようにしてください。
実際、会社設立とは言っても、設立する人の目的によって大きく変わってくることもあります。
例えば、サラリーマンが節税や税金対策のために会社設立をするのと、新しい事業を始めるために実業家や資産家が会社設立するのとでは、かなり大きく目的も変わってくるでしょう。
それらの点を理解して、必要書類を集めていくことが必要です。

ちなみに、必要書類に関しては1からすべて自分で集めていくと面倒です。
近年はインターネット上からダウンロードして使えるものもありますが、それでも手間になることが多いでしょう。
基本的に、書類に関しては専門用語が並ぶことが多く、慣れていない方だとパニックになるだけです。
それならば、専門家にすべて任せてしまった方が格段に楽です。

専門家であれば、必要な書類を網羅しているので、かなり頼りになります。
会社設立の必要書類に関しては、司法書士や行政書士、税理士や社労士に相談するのがとても良いです。

事実、これらの人々に関しては専門家として活躍しているので、かなり役立つことは必至です。
もちろん、なにかわからないことがあれば簡単に相談できるので、ぜひ上手に活用してみてください。

これから求められることも多くなる書類が増える可能性は低いです。
よりインターネット社会となり、申請から登記に関してもインターネット上でおこなうためのシステムも近年は導入されています。
それでも、やはり必要書類に関してはまだまだ煩雑です。
ここで細かく説明するよりは、やはり専門家に相談した方がおすすめできるでしょう。
もちろん、どうしても自分でやりたいと思っている場合は、必要書類を1つずつマークして、それらを活用してみてはいかがでしょうか。
もちろん、それだけでは不備になることもあるので、そうなると再提出も必要となります。
不備があると面倒なことも考えると、やはり専門家が圧倒的に安心ですね。

おすすめできる仙台の税理士

仙台でおすすめできる税理士とは、どんな相手でしょうか?
実際に利用した方からの評判がいいのは、話しやすい税理士です。
その税理士がとても気さくな人で、なんでも気軽に相談できたという声があります。
このような声は多いですね。
(さらに…)

個人からの相談内容

何か困ったことがあれば個人でも仙台の税理士まで相談できますが、具体的にどんなことを相談できるのか、まだ一度も利用したことがないと不安もありますよね。
比較的多い相談内容をご紹介します。
(さらに…)