仙台の税理士にできる相談の範囲

仙台の税理士にはいろいろな相談ができますが、その相談の範囲はどれくらいになるでしょうか?
これはそれぞれの税理士によっても違うのですが、基本的な相談の範囲は、税金関係のことです。
仙台で実際に税理士を利用した方の例では、税金についての問い合わせをしたものが大半です。
たとえば確定申告についての申告方法を聞いた、相続税の申告を依頼した、節税方法を教えてもらったなど、ケースはいろいろありますが、結局は税金に関係することです。
この範囲内なら、いろいろな相談ができます。

たとえば同じ確定申告の相談例でも、その相談内容はいろいろです。
ある例では、確定申告の方法について聞いた結果、2種類ある給料の金額をそれぞれ源泉徴収票から確認し、申告書に記載の上、社会保障費などの控除金額を書いて計算し、申告すればいいと教えてもらっています。

別の例では、不動産収入の確定申告について聞き、記帳方法を教えてもらっていますね。
賃貸などを運営したとき、どうしても必要だった費用をメモなどで控えておき、それを会計ソフトなどに打ち込んでいきます。
その方法や、打ち込むときの分類方法などを税理士に教えてもらっています。

さらに別の例では、確定申告が必要かどうかを聞いた結果、必要だとわかりました。
しかしその申告の準備などを何もしていなかったため、税理士にサポートをお願いして、申告の直前になって一年分の家計などを見直し、申告書を作成しています。

仙台で見つかるこのような相談例は、確定申告以外にもあります。
相続税や贈与税など、多くの税金でいろいろな相談がありますよ。
それが税金の範囲内なら、税理士へ相談ができるんですね。

ではこの範囲外の相談はあるでしょうか?
これはガクッと減ります。
税理士は士業といわれる専門職の1つですが、本業となるのは税務と、会計などその関連業務です。
それ以外は、専門ではありません。
そのため、たとえば税理士に人間関係のトラブルを相談した例など、ほとんどありません。
そのような例が多いのは、弁護士ですね。
仙台で税理士に相談できる範囲は、基本的に税金関連のことです。
覚えておくといいですよ。