仙台の税理士への依頼方法

仙台の税理士へ本当に依頼を出したいとき、その方法はどうやるんでしょうか?
多くの方が経験している基本的な流れがありますから、それをご紹介しましょう。

まず依頼を考えている仙台の税理士まで、相談の連絡をします。
このとき、ほとんどの方が事務所への訪問をお願いされていますね。
実際に税理士へ依頼をした方で、その税理士本人と一度も顔を合わせずに依頼をした方は、ほとんどいません。
そんなに頻繁に何度も顔を合わせるわけではないのですが、少なくとも依頼の前には一度、顔合わせをしている方が大半です。
ここで依頼内容などを話し合い、合意したら契約完了で、正式に依頼を出せたことになります。
このような流れで依頼した方がほとんどです。

一度は税理士の事務所等へ行かないといけないのですが、いきなり訪問するのではなく、事前に連絡して依頼したいことを伝えてください。
飛び込みで行ってみたという体験談も少しはありますが、事前に相談の予約をして、その日時に訪問した方がほとんどです。
飛び込みでも対応してもらえる場合もありますが、来客やほかの仕事が入っていると、また後日の来訪をお願いされることもありますね。
そうなると二度手間ですから、事前に連絡することをオススメします。
そこで来訪日時が決まったら、いよいよその事務所まで行きます。

税理士と対面し、そこで依頼したいことを相談するのですが、このとき、資料などを持参した例も多いですよ。
税理士に何かを依頼したいなら、何か税金について困っているわけですよね。
その税金に関する資料や、税金の計算のために必要なデータなどを簡単に書類にまとめて持参すると、相談がスムーズです。
しかしこのような準備は何もせず、とりあえず税理士事務所まで行き、困っていることを相談したという例もあります。
具体的な資料などは正式に依頼してから見せたという例もありますから、資料の用意などが間に合わなければ手ぶらでもOKです。

相談内容について税理士へ伝わり、依頼を受けてくれることになったら、契約書を交わします。
仙台で税理士に依頼する方法はこのようになります。